ALLURE&Y Official Blog

声優事務所ALLURE&Yのオフィシャルブログ

みなみ 美ら/苦手だったもの


先日、今まで自分が見ないように避けていた種類のドラマを初めて見ました。


何を見たかというと、ファーストクラスというドラマです。


このドラマは、2014年4月19日から2014年6月21日まで毎週土曜日23時台に放送されていた、第二シーズンのドラマで、今月の10月15日から放送開始された今季の新作ドラマで、女性同士のコミュニケーションの中で、自己の優位性を態度や言葉で主張し、上下関係の格付けをしあう「マウンティング」の生態を描くことがテーマとなっています。

あらすじとしては、
第一シーズンでは、主人公[吉村ちなみ]が、ファッション雑誌『ファースト・クラス』の編集部で働き始め、上司や先輩から数々の嫌がらせや“マウンティング”に遭いながらも編集長まで上り詰めるまでが描かれました。
第二シーズンでは、編集長まで上り詰めた吉村ちなみは、その後編集部を退職し、半年後にファッションデザイナーに転職します。
転職先でも、野望を抱いた女達の“マウンティング”があり、ちなみは、編集者時代に培った知性とたくましさで、マウンティング地獄に立ち向かっていく姿が描かれていきます。


何故このドラマを見ないように避けていたかというと、人を騙したり、貶めたり、人の不幸を笑えるような人達を中心として描かれている話が苦手だったからです。

人間の残酷な部分だったり、悪意を向けたり向けられたり、そんな陰な部分を見ると、自分の気分が落ちたり、後味が悪い感じがして、ずっと「女の戦い」や「いじめ」などが描かれている作品を避けていました。

多分、私自身ずっと良い人でいたいという思いが強かったので、そういったドラマを見て、自分の陰な部分がドラマの中の人物と共感してしまうことで気付かされる事が怖かったんだと思います。


でも、苦手な部類のものだからといって避けてていいのか?避けたままだと、人を貶める側の人を表現することが出来ない……そうなると、自分の表現の幅を自ら狭めている事になるのではないかと思い、ファーストクラスを見てみようと思いました。

実際に見てみて、人への心の中の悪口とかが少しコミカルに描かれている分、想像よりも怖い感じではなかったので、嫌悪感なく見ることが出来ましたし、自分の陰な部分を気付かされる事に対しての恐怖心もなく見られました。

心で毒づきながら笑顔で話す人の話し方に意識を向けられたり、貶める側の気持ちを考えてみたりしたら、以前よりそういう登場人物への嫌悪感がなくなった気がします。
自分の好き嫌いで判断して、そういう作品や登場人物を見ないようにしていたのは、勿体無い事をしていたなと感じたのと同時に、色々な事を学んだ今の私だからこそ嫌悪感なく見ることが出来たのだと思いました。

今まで、自分が見ていて楽しいと思える作品ばかりみていたので、これからは苦手だと思っている種類の作品も選り好みせずに見ていきたいです。

まず、ファーストクラスの第一シーズンから、ちゃんと見てみようかなと思っています!

みなみ 美ら



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allure2013y.blog.fc2.com/tb.php/71-0c4df6b1

 | HOME | 

Profile

ALLURE&Y

ALLURE&Y

・冬馬由美
・大林立佳
・みなみ美ら
・小柳睦月

FC2Ad

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Monthly

Categories

Recent Comments

Recent Trackbacks